ま行

バーカウンター

ま行の専門用語一覧

■マイナス営業
お店にいるお客様の人数に対して、女の子の数が足りない状態をさします。
在籍数が少ない、当欠が出た、予想以上にお客様が多く来店した時などに発生します。
お客様2人に女の子1人・お客様3人に女の子2人など、接客できないことはないのですが女の子側の負担が大きくなってしまいます。

■枕
お客様と女の子が男女の関係に発展してしまうことをさします。
一度始めてしまうと枕前提じゃないとお客様が遊びに来てくれなくなったり、噂が広がりお店を辞めないといけなくなったりします。
有名なキャバ嬢ほど枕は絶対に行いません。
自分自身を大切にするためにも、お客様からしつこく誘われても徹底してお断りしましょう。

■マドラー
お酒を作る際に使用する道具の1種です。
基本的に、グラスに氷を入れ、マドラーで混ぜ中を冷やす⇒お酒・割り物を注ぐ⇒マドラーでドリンクを混ぜる時に使い、ドリンクを作る度に2回使う場面が現れます。
半時計回しで混ぜる・回す時の回数は5回、などお店によって決まっている場合もあるので、不安な場合は聞いてみてくださいね。

■ママ
お店を仕切る人のことをさし、主にクラブやスナックの場合に用います。
お店の経営スタイル・女の子やお客様の管理・黒服への指示・経営状況の把握などさまざまな仕事を同時に行うため、お店が盛り上がるかどうかはママのスキルによってかなり左右されます。

■水割り
お酒の飲み方の1種で、お酒を水で割った状態をさします。
濃さに好みがあるお客様も入るので、作る前に薄め・通常・濃いめの確認をした方が良いでしょう。

■店年齢
お店での年齢のことをさしますが、年齢を偽るかどうかは女の子次第です。
実年齢を言って問題はありませんが、ガールズバーや若い子の多いキャバクラだと、平均に合わせて偽ることもあります。

■店前同伴
基本的にお客様とお買い物や食事をしてお店に向かうことを『同伴』といいますが、お店の前で待ち合わせしそのままお店に行くことをさします。
この場合、お客様は女の子と長く時間を過ごすこともなく同伴料金だけを支払うことになります。
店前同伴をしてくれた時にはいつも以上に感謝の気持ちを伝えるのを忘れないようにしましょう。

■無断欠勤
女の子が連絡なしで休むことをさします。
お店側にとっては「連絡が取れないので実際に来るかどうかも分からない」「人数対応に追われる」「他の女の子に負担がかかる」など悪い面しかなく、かなり重いペナルティを課していることがほとんどです。
もしやむを得ない事情で出勤できなかった時は、せめてお店に連絡をするのがマナーですよ。

■明朗会計
不正・隠しなしのハッキリとした会計システムのことです。
「酔いすぎて気がついたらお金を払いすぎていた…」というようなトラブルが起きにくくなります。
明朗会計を謳っているお店のみにしか行かないお客様も存在します。

■メンズキャバクラ
通常キャバクラは女の子が男性のお客様を接客しますが、メンズキャバクラは男性が女性のお客様を接客します。
ホストとの違いは料金システムで、時間制で料金が上乗せされていきます。
基本制度はキャバクラで、性別だけが逆転した認識でほとんど間違いないでしょう。

■メンバー
指名嬢のいるお客様のこと、もしくはボトルをキープしているお客様のことをさします。

■持ち込み料
お店に飲み物や食べ物を持ち込むことをさします。
飲み物の持ち込みは基本的に禁止されていますが、食べ物の持ち込み・デリバリーは許可さえ得られればOKというお店がほとんどです。

PAGE TOP